男の人

発毛を検討しているならHarg治療センターで治療

再生医療で発毛をする

白衣の人

Harg治療の内容

Harg治療センターはHarg療法による薄毛や脱毛症治療を行っているクリニックです。Harg療法そのものはHarg治療センターで開発されたものです。Harg治療センターで行われているHarg療法は再生医療を応用したもののひとつで毛母細胞を活性化させることで発毛を促すというものです。Harg療法の方法としては、幹細胞から抽出した成長因子であるタンパクAAPEと成長因子が働くために必要なビタミンなどを調合したHargカクテルと呼ばれる薬液を作ります。薬液は患者の体質などを考慮して調合され、それを直接、薄毛が気になっている頭皮に注射器を使って注入するというものです。1度で効果を得ることは難しいですが、3回以上、定期的にHargカクテルを頭部に注入することで皮膚にある毛母細胞を刺激し発毛を促します。またHarg療法の最大のメリットは治療が終了しても発毛効果を得られるというものです。これは刺激された毛母細胞自身が成長因子を分泌するためで治療が終わっても効果が持続します。AGA治療では薬の使用をやめるとすぐに効果がなくなりますが、Harg療法であれば効果が持続します。また自毛植毛などとは異なって薬液を注射するだけなので傷跡も残りません。一方でHarg療法は、まだ新しい治療法ですので取り扱っているクリニックは数えるほどしかありませんが、大都市ではHarg療法を採用したクリニックも増えています。またHarg療法を開発したHarg治療センターは東京西新宿にあります。